高度管理医療機器等 販売業・貸与業 許可証 第5502175393 
医療機器の販売及び貸与営業所管理者 登録番号 16001041号

0120-704-526

営業時間 10時〜17時
(日祝定休)

メールでの問い合わせ

【緑内障】失明予防の基本知識「緑内障の原因」 手術以外に意識したい日常生活の食事と運動

日本人の失明原因1位である緑内障。「緑内障を発症すると手術以外に失明を予防する方法はない」このような話を聞いたことはありませんか?現在、緑内障を完治させることはできません。

また、症状が進行するまで自覚症状がないため、眼科で検査を受けてはじめて緑内障であることがわかります。しかし、緑内障は早期発見・早期治療(眼圧を下げること)ができれば、進行抑制に有効です。正常眼圧緑内障でさえ、眼圧を下げることで進行を遅らせることができる可能性があり、手術以外に失明予防のための治療も選べるのです。

こちらでは、緑内障を起因とする失明を予防するために、早期発見のカギとなる緑内障の主な原因と、日常生活で気をつけたい食事と運動習慣についてお伝えいたします。

緑内障はなぜ起こる?その原因とは

目のイラスト

日本眼科医会は、視覚障碍者は全国に164万人おり、このうち92万人は介護が必要な状態、失明者は約30万人いると発表しています。病気による失明(中途失明)の原因のうち、全体のおよそ4分の1を「緑内障」が占めています。

緑内障とは、目の硬さである眼圧が高くなることによって、視神経という器官に障害が起こる目の病気です。見える範囲が狭くなったり、部分的に見えにくくなったり、治療が遅れると失明してしまいます。

緑内障と眼圧の関係

本来、眼圧は房水の量によって決まります。房水とは目の中を循環する液体のことで、隅角(角膜と虹彩が接する部分)という部分から、フィルターの役割を担う線維柱帯を経て、排出口のシュレム管を介して眼外の血管に出ていきます。

この房水は決まった経路を循環しており、眼内で生成量と排出量が一定に保たれることで安定した圧力が発生し、私たちの眼球は形状を保っています。

しかし、何らかの理由で隅角が詰まってしまい、房水を上手く排出できなくなってしまうと、眼圧が高くなり視神経を傷つけて緑内障を発症してしまうのです。

見え方にこんな変化はありませんか?

  • 片目で物を見ると視野の一部が欠けている。
  • 視野の一部に暗い影のようなものがある。
  • 日常生活に支障はでないけれど目の充血を指摘された。
  • 頭痛や吐き気、眼痛などの激しい症状がある。

上記に心当たりのある方は、すみやかに眼科で検査を受けるようにしましょう。視神経の障害が軽度のうちに適切な治療を受ければ、失明の危険性は少なくなり、改善の可能性が高くなります。

なお、治療法には薬物療法・レーザー治療・手術がありますが、すべての緑内障で同じ効果が得られるものではありません。

緑内障による失明予防のために日常生活で気をつけたい食事と運動習慣

草むらを歩く人

緑内障による失明の予防や手術以外の治療方法を選択できるように、日常生活で気をつけたいことと言えば「食事と運動習慣」です。

食事の際の注意点

目は私たちの体の一部です。健康の基本は偏りのない栄養バランスのとれた食事ですので、主食・主菜・副菜を組み合わせて食事の内容に気を配りましょう。飲酒も適量であれば構いません。

ただし、食事中にお茶を一気飲みするなど、極端な水分補給は眼圧を高くしてしまうので要注意。なお、食事の後の喫煙は眼圧が上昇しやすく、他の病気の予防も考えると控えることをおすすめします。

運動習慣

適度な運動は眼圧を下げるだけでなく、他の病気の予防にもよい影響があります。駅までのウォーキングや軽めのジョギングなど、自分の生活スタイルに合った運動を心がけてみてください。生活の中に運動習慣を取り入れておくと、緑内障が進行しにくいかもしれません。

手術以外の治療方法を増やすために

緑内障を起因とする失明予防のために、緑内障が発症する主な原因と、日常生活で気をつけたい食事と運動習慣についてまとめてみました。見え方がおかしいと気づいたときには、緑内障がかなり進行していることも珍しくありません。

手術以外の治療方法を選択できるようにするためにも、40歳を過ぎたら眼科で定期健診を受けましょう。

緑内障による失明予防のための治療は、眼圧を下げる点眼薬や内服薬、レーザー治療など手術以外に選択肢が多くありますが、副作用があることも知っておきましょう。

緑内障の予防に関するご相談はえむあーる株式会社へ

会社名 えむあーる株式会社
資本金 7,000,000円
役員構成 代表取締役 角 僚市郎​
住所 〒104-0032 東京都中央区八丁堀4丁目12−20 第1SSビル7F-D
TEL 03-5542-0683
FAX 03-5542-0684
URL https://mr1010.co.jp/
業務内容 医療機器の製造及び販売